渋谷にある一体の秋田犬の銅像。それは飼い主を待ち続けたハチという実在した犬です。そんなハチの物語をハリウッドがリメイクした「HACHI 奇跡の犬」は世界中でヒットしました。どのような映画なのか見ていきましょう。

 

ハチ像

 

「HACHI 奇跡の犬」とは

 

「HACHI 奇跡の犬」は、日本の映画「ハチ公物語」のハリウッドリメイク版です。主演を務めたのは、自身も愛犬家であるリチャード・ギア氏。大ヒット映画プリティーウーマンなどでも知られる大物ハリウッドスターの一人です。

 

大正13年、実際に日本で起こった実話を元に作られました。飼い主が突然なくなるも、いつも通り、飼い主が帰宅する時間になると駅の前で待ち続ける、そんなハチの姿に感動を覚えた人々がハチの銅像を建てます。それが現在の渋谷駅前にある銅像です。

 

そんな感動の物語を、アメリカの趣に合わせハリウッドでリメイクしましたが、秋田犬のハチという設定は変えず、原作に忠実に描いています。

 

あらすじ

 

リチャード・ギア演じる大学教授パーカーは、駅で秋田犬の子犬と出会い、妻内緒でこっそりと家に連れて帰ります。妻の理解を得て飼うことになった子犬をハチと名付けかわいがります。

 

ハチは秋田犬らしく、人に媚びず凛とした強さを持っていました。そんなハチですが、飼い主パーカーへの信頼度は高く、毎日駅まで見送りそして帰宅時間には迎えに行くことが習慣となっていました。そんなハチを周囲の人々はあたたく見守っていました。

 

しかし大学での講義中、いきなり倒れてしまったパーカーはそのまま帰らぬ人となります。パーカーがこの世を去った後も、ハチは来る日も来る日も駅に立ち続け・・・。

 

秋田犬らしいハチ

 

ハチは忠犬ハチ公として、日本中の人々から愛される存在です。飼い主だけにまっすぐに忠誠を誓う、そんな姿はまさに秋田犬だからこその所業でしょう。

 

秋田犬は日本原産の大型犬です。忠誠心が強く頑固、人に媚びることはせず、きちんとしつけられていると、見ず知らずの人から餌をもらうこともないといいます。

 

世界中で人気の秋田犬

 

世界中で日本原産の日本犬は人気で、日本犬を飼いたいという人はとても多いのですが、秋田犬の人気を世界中に広めたのは、この「HACHI 奇跡の犬」の影響がとても大きかったと思われます。

 

オリンピック金メダリストであるフィギュアスケーター、ザギトワ選手に秋田犬のマサルが送られたことは有名ですが、ザギトワ選手も秋田犬の写真を見たときに、あの映画の犬だ!と思い出したといいます。

 

プーチン大統領も秋田犬のユメを飼っており、ロシアでは映画の影響で、秋田犬人気がとても高いのです。